治療薬の効果と副作用

治療薬の効果と副作用i-plovdiv.com

ガンと抗がん剤とガン治療

 

昨年の3月に「乳がん」と診断されました。
左胸に違和感を感じつつ3年以上「乳腺症か何かで、がんであるはずはない」と思い込んでいました。

 

家族や親戚にがんの人はいないし、まさか自分がガンになるなんて、絶対にないと思っていたのです。
そのため、ガンについての知識はほとんどありませんでした。

 

診断を受けたのが、自宅から少し離れた病院でしたので、診断後先生に言われたのが、「治療中に救急車で運ばれたりする場合、家の近くの病院にかかっておいた方が便利だと思います」と、近くの大きな病院を勧められました。

 

その時点での私は、片方の胸とリンパにガンがある以外、何も悪い所がない健康な状態でしたので、「救急車で運ばれる」という言葉を素直に受け止める事が出来ませんでした。
そしてそれはきっと、抗がん剤の副作用によって多くの人が陥っている状態を想定しているのだろうと想像しました。

 

ガンについての知識のなさから、「抗がん剤=ひどい副作用」というイメージでした。
知り合いの方が40歳ほどで乳がんで亡くなった事があり、その理由が噂では「うつ病から自殺した」というものだったので、抗がん剤の苦しさに耐えられずうつ病になってしまったのだろうと勝手な思い込みをしていました。

 

その真実はわかりませんが、以前よりも少しは知識が増えた分、抗がん剤に対する悪いイメージはだいぶ薄れて来ました。
そうはいっても、やはり、まだまだ抗がん剤の副作用で苦しんでいる人はたくさん居て、薬が体に合うかどうかが運としか言えない部分があるのは確かなようです。

 

しかも、一口にガンといってもそのタイプは人それぞれで、その人のがんに効く薬に出会うのも、まだ100%にはほど遠いようです。
幸運にも抗がん剤が体にもがんの性質にも合致して、大きな副作用もなく回復出来る確立は本当に少ないようです。水虫の薬 

 

そのため、私は手術をし抗がん剤を使う標準治療を拒否して、自由診療の放射線治療を選びました。
おかげで、たいした副作用もなく「健康」といえる毎日を送れています。

 

PETCTに映らないほどの小さなガン細胞はまだ生きている可能性がないとはいえませんし、ガンなのに健康とは言えないのではないかと思われるかもしれません。
しかし、私にとっての健康は、体に大きな制限なく動け生活出来る状態で充分です。このまま薬に頼らないでガンに勝つ事が出来る様頑張りたいと思っています。

 

普段はなるべく薬に頼らない生活をしています。妻が健康志向で、たとえ一時的に体調を崩すことがあっても、薬を服用するよりは食事や生活を変えることで自然治癒力が戻ってくるのを待つ、という考え方だからです。

 

その考え方に影響されて、少しくらい熱が出たとしても薬を飲まなくなりました。
こうすると確かに体本来の回復力が備わってきたような気がしています。

 

しかしその一方で、仕事を休んでゆっくり治療することができないのが悩ましいところです。
そのため、あまり症状がひどくなるようだと、近所のドラッグストアで薬を購入して飲んでいます。とくに困っているのが、腰や肩の痛みです。

 

仕事で長時間、毎日のようにパソコンを使って作業しているので、同じ姿勢ばかりになりがちで、知らず知らず体に負担がかかってきてしまいます。
あるとき、いすに座ったままの姿勢で誰かが呼ぶ声に振り向くと、急に左肩が痛くなってしまいました。aga治療薬ジェネリック

 

最初のうちは肩をさすったり、マッサージしたりしてみたのですが、痛みはどんどんひどくなるばかりでした。
翌日には肩を動かすのさえつらくなり、痛めた肩をかばっているうちに体全体の筋肉がぱんぱんに張ってしまったのです。

 

姿勢を変えるのさえつらくなってしまいました。
近所の接骨院に通ってみたのですが、一回や二回の診察で治るものではありません。

 

どちらかというと症状が慢性化してしまいました。
残念ながら、痛みが消えても仕事が立て込んでくるとまた痛みがぶりかえてしてくるような状態です。

 

そこで困り果てて、ドラッグストアに入りました。見つけたのがCMで幼いころからおなじみだった頭痛薬でした。
頭痛や風邪の症状以外にも鎮痛効果があり、この頭痛薬を飲んで、肩や腰の痛みを緩和しています。

 

もちろん、痛み止めだけでは根本的な改善にはなりませんが、仕事があるとなかなか長期間治療に通うこともできません。
今後も薬と上手に付き合っていきたいと思っています。

社会の長寿高齢化が進み、医療の大切さはより重要性を増すようになってきました。
もちろん長生きできることは喜ばしいことですが、一方で、病院や薬との上手な付き合い方も考えざるをえなくなっています。

 

とくに普段から、食事の内容や栄養バランス、生活環境を見直したりすることなどで、安易に薬に頼らないよう気をつかっています。
なるべく健康状態を維持し、自然治癒力が戻ってくるのを待つという考え方です。

 

そのため、少しくらい風邪をひいてもあまり薬を飲まなくなりました。

 

しかしながら、体調を崩してもなかなか仕事を休むことができないのが現実。
あまり症状がひどくなるようだと、ドラッグストアで薬を探して使わざるをえません。

 

最近、とくに頭を悩ましているのが、乾燥肌です。ただ肌がかさかさするだけならまだいいのですが、あまりのかゆみに血がにじんでくるほどになってしまいました。

 

はっきりした原因はよくわかりませんが、ここ数年は冬が近づいてくるにつれて乾燥肌の症状がひどくなってきます。
アトピーやアレルギーなどもないので、戸惑いを感じていました。

 

この乾燥肌に効果があったのが、意外な商品でした。
べビークリームです。ちょうど赤ちゃんが生まれたので、ベビー用品を探していたときにみつけました。店内にあった試供品を使ってみると、肌にしみこむような感覚でした。
そこで赤ちゃん用ではなく、親が購入して使うことになりました。
毎日、このベビークリームを塗ることで肌のかさかさも緩和され、血がにじむほど肌をかきむしることもなくなりました。

 

しかも、赤ちゃん用品なので体に優しい天然成分でできています。これならクリームを使う側も安心感があります。

 

もちろん、クリームを塗るだけでは根本的な治療にはならないかもしれません。
それでも、毎日仕事を抱えているとなかなか時間をかけて治療に通うこともままなりません。これからも薬と上手に付き合っていきたいと思っています。

近年はドラッグストアも増え、インターネットでも簡単に薬が手に入る時代になりました。
その一方で、消費者としては安易に薬に頼らないよう気をつけることも大切なのかもしれません。

 

残念ながら薬物依存なども、深刻な問題になっているからです。そのため、普段はなるべく薬に頼らない生活を心がけています。

 

食事内容を変えてみたり、生活を規則正しくするなど、体本来の治癒力を生かせるよう気をつけています。
そんなこともあって、少しくらい熱が出ても薬を飲まなくなりました。

 

しかしながら仕事を抱えていると、ゆっくり時間をかけて病気を治療することもままなりません。ED治療薬レビトラ

 

そのため、あまり症状がひどくなるようだと、仕事の行き帰りに薬を購入して服用しています。
とくに困っているのが、歯の痛みです。疲れがたまってくると、奥歯が痛むようになりました。

 

恥ずかしながら若いころの不摂生がたたって、歯周病になってしまったのです。
そのときはあまりに痛みがひどくなったので、半年ほどをかけて歯医者に通いました。

 

親知らずを4本抜き、歯茎を切開して歯の汚れを落とすという徹底した治療でした。
おかげで歯周病の進行はおさまったようですが、一方で、もう歯医者には通いたくないというのが正直な心境です。

 

ところが奥歯に痛みが出たので、困り果てていました。
かといって歯周病に比べれば、歯医者に通うほどの痛みでもありません。

 

ちょうど通勤で使う駅の構内にドラッグストアを見つけたので、入ってみました。そこで見つけたのが頭痛薬でした。
幼いころからCMでおなじみの薬です。

 

頭痛や風邪の症状以外にも鎮痛効果があるため、この頭痛薬を飲んで、どうにか痛みをごまかしました。
あるときは高速バスに乗っていると、バスの振動で歯に痛みが出てしまい、長い移動時間をこの薬を飲んでしのいだこともありました。

 

もちろん、痛み止めだけでは根本的な改善にはなりませんが、この先も薬と上手に付き合っていきたいと思っています。

最近はインターネットでも薬が購入できるなど、かつてより簡単に薬が手に入る時代になりました。
また安価な後発医薬品の開発も活発になっています。それでも、なるべく薬には依存しないように気をつけています。

 

体調を悪くすることがあっても、規則正しい生活やバランスの取れた食事に改善することで自然治癒力が戻ってくるのを待つという考え方です。
書籍でそのような考え方に触れて、ちょっとくらい熱が出ても薬を飲まなくなりました。

 

しかしながら、毎日のように仕事があるので、ゆっくりと自然治癒力が戻ってくるのを待つというわけにはきません。

 

あまり症状がひどくなるようだと、薬を購入せざるをえません。
最近、とくに困ったのが、ずっと続くせきです。ここ数年、夏が近づいてくると、むせるようにせきが出るのです。ed治療薬シアリス

 

一度、せきがでると喘息のようになかなかとまりません。見かねた親から病院で見てもらえといわれたのですが、せき以外には熱などはないので、おそらく風邪ではないだろうと思っていました。そこで病院には通わずしばらく様子をみることにしました。

 

それでも一向にせきがおさまりません。もともと腰や肩に痛みを抱えていることもあり、せきをすると患部に痛みが走る悪循環に陥ってしまいました。
もはや自然に回復するのを待てない状態になってしまいました。

 

そこで困り果てて、家の近くのドラッグストアに入りました。
見つけたのがCMで幼いころからおなじみだった漢方薬のせき止めでした。

 

粉薬なので服用しやすく、何日か飲み続けると、ずっと苦しめられてきたせきがようやくおさまりました。
もちろん、せき止め薬だけでは根本的な改善につながらないのは承知しています。

 

今年の夏も、やはりせきが出てしまいました。残念ながら、原因はよくわかりません。
といっても、仕事があるとなかなか長期間治療に通うこともできません。

 

これからも薬と上手に付き合って、せきを抑えていきたいと思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ